サビトールはどんな使い方をするの?

目次

運送業者の方

  • ホイール(鉄・アルミ)の清掃(鉄粉・ブレーキダスト)
  • 荷台(鉄・アルミ・ステンレス)の清掃(もらいサビ)
  • バンパー(メッキ・鉄)の清掃
  • 防腐加工(FRP貼り)部分の清掃(もらいサビ)
  1. ステンなどの場合は薄めて,使用してください。
  2. 使用の仕方や材質によってはなるべく原液ではなく薄めてから使ってみてください!
  3. 汚れ方に応じて濃いさを調節して使ってください!
  4. サビトールを使った後に白く雲ってしまったらアルカリ性の洗剤で中和させてみてください

使用につきましてはお客様の責任の上でご使用ください!

漁船の方

  1. 船体(FRP)の清掃(もらいサビ)
  2. 鉄製機械の清掃(鉄粉・もらいサビ)
  3. ステンレス部分の清掃(もらいサビ)

機械整備関係の方

  1. 鉄製機械の清掃(鉄粉・軽いサビ)
  2. 工具の清掃(軽いサビ)
  3. 製品の清掃(鉄粉)

FRP加工業の方

  1. 仕上がり面の清掃(鉄粉・サビの流れ跡)
  2. メンテナンス時の清掃(鉄粉・サビの流れ跡)

一般の方

  1. 家の外装部の金属部分の清掃
  2. マイカーのホイール清掃

以前にお知らせいしました魔法の水・・・

「あまり効果が分からない」「もっと詳しくしりたい」等の声が聞かれましたので今回は実際に当社で使用した写真等で説明させて頂きます!

サビトール使用前

画像の説明
ホイールの真ん中へんはサビが凄いです!

サビトール使用後

images (2)
一般的にいうもらいサビは簡単に落ちますFRPのもらいサビも同じ効果があります


サビトール使用前

画像の説明
購入以来一度も洗車したことが無い車!

サビトール使用後

サビトール3-300x225
ホイールに注目
真っ白になったホイールが一目でわかります

金属メッキ清掃方法

  1. サビトールを約1:20以上で水で薄めて洗浄液を作る。
  2. 目立たない所で一度、作った洗浄液を塗布して5~10分程おいてメッキ表面の劣化が発生しないか確認して下さい。
    劣化があるようでしたら、洗浄液の濃度をさらに薄くしてみて再度同じ作業を実施してみて下さい。
  3. 劣化が無い場合は、洗浄液を長時間塗布しておくと表面の酸化が進むので洗浄箇所の面積を考えて狭い面から作業して下さい。
  4. 洗浄液を塗布し、1~2分放置します。
    その後、十分水洗いします。水を十分含んだスポンジを使用すると早く綺麗になります。
  5. メッキ表面の汚れが 落ちない場合は再度4の作業を繰返し行います。落ちないからと言ってサビトールの濃度を濃くしないで下さい。
  6. 汚れが落ちたらアルカリ性洗剤
    (マジックリン等アルカリ性と書いたもの)で丁寧に洗浄して下さい。これをしないと表面が酸化して錆び易くなります。洗剤で洗ったら、また水洗いをよくして下さい。
  7. 水分をよく拭取り防錆剤
    (CRC556等)を使用して表面をピカピカに磨いて下さい。これで、錆びにくく艶々になります。
    ご注文はこちらから